人気ブログランキング |
<< ドサン子と。 育ち盛り。 >>

モテキ

b0059770_19395060.jpg


藤本幸世(31歳)。金なし夢なし彼女なし。
派遣社員を卒業し、ニュースサイトのライター職として新しい生活を踏み出そうとしているが、
結局のところ新しい出会いも無いまま。だが、ある日突然、「モテキ」が訪れた!
みゆき、るみ子、愛、素子。
まったくタイプの異なる4人の美女の間で揺れ動く幸世。
「こんなのはじめてだ…今まで出会った女の子と全然違う…冷静になれっ!…期待しちゃダメだぁ…」
モテキの波を超えて、幸世は本当の恋愛にたどり着けるのか?
モテキHPより抜粋)





映画行くのって、GANTZ以来だわー(∩゚∀゚)∩。
マンガも知らない、ドラマも知らない。こういうタイプの映画はあまり見ない。
そんなよしおがなんでコレをチョイスかって?
森山未來@メガヌのカワユサ加減にハナのしたを伸ばしきったから(`・ω・人・ω・`)。
メガヌに癒されたかったんだもの。
あと、ツンヤさんが「イーゾー!」って言ってたから。
ついでに挿入歌に大江千里とか岡村靖幸とかフィッシュマンズとかが流れると聞いたから。

  o-o、
  ('A`) メガネメガネ
  ノ ノ)_


・・と・・・・まあ。
こんな具合に軽い気持ちで見に行ったモンで。
おかげさまで見終わってから、ビミョーに心がヒリヒリしたんですよね。
ルミコがむかしの自分に重なってイテエわイテエ・・(´・ω・`) 。
スキになった相手にムリをしてでも自分を合わせたい病。
口では「ソレはいかんわー。そら重いわー。」とか言うけども、
いざ自分事となったら、同じことをしてしまう自信がある。
恋愛の体質はそう簡単に変わらないモンね。
よしおも吹っ切れるために一人牛丼して尚且つおかわりをしてきたいと思います。

サントラは評判通りのステキさでしたヽ(愛´∀`愛)ノ。
今度、TUTAYAでひさしぶりにスチャダラパーを借りてこよう・・と思いつつ、大江千里のAVECを聞きながら帰りました。
岡村靖幸のカルアミルクはいつの時代であっても、聞くと泣きたくなるせつなさ加減。
前に書いたけど、音楽を聴くとその時代の出来事を思い出す。
あんなことあったなー・あんなこと言われたなー・泣いたナー・笑ったなナー・・・・・て。すげえツール。

モテキかあ・・・。
モテキねえ・・・。
よしおのモテキぃぃぃぃぃ・・・・。

この映画唯一の違和感は、やっぱり【モテないサブカル男】を未來が演じるってトコだよなー(・A・)。
あんなにカワユクてオサレだったら、フッツーにモテるわ!!!


【追´・ω・`伸】
映画終了後、となりのスタバでダバダーしていたら、
となりに座っていたカポーの女子が「映画ひとりで見に来るって、チョーさみしくねぇ?」と言い出しました。
ひとり旅・ひとり映画・ひとり美術館・ひとりドライブ・ひとりうどん・ひとりファミレス・ひとり買い物。
トモダチと一緒も楽しくてダイスキですが、ひとりもキライではありません。
むしろ、【ひとりだから・・を理由に、自分のやりたいコトを制限する】方がつまらんわヴォケ。
by sea-see-zoo | 2011-10-05 19:57 | 映画
<< ドサン子と。 育ち盛り。 >>