<< ナント!!! マメ知識 >>

クリスマスの過ごし方について。

仕事帰りに『雰囲気だけでも・・・』と、鶏モモ買って帰ったら
「今夜はおでんだから、コレはまた明日ね。」と、ソッコーで冷蔵庫にしまわれました。
まさにドアtoドア・・・orz。

別にその気になれば、一晩FBにログインせず、ツイッターでつぶやきもせず、
ブログも放置でカイサのねーさんからくるメールにも返信せず、
不思議からの電話も無視して、リア充のフリもできなくはないのですよ。
だがしかし。
ソレをしないのが正直モノなよしおクオリティ。
おとうさまおかあさまと食べたシルベーヌのおいしさったらないや。
・゜*。(ノд`)。・*'

***









クリスマスイベントで使うサンタ資料を漁っていると、
とても興味深いものをみつけました。
グリーンランド国際サンタクロース協会が認定した公認サンタクロースの話です。

公認サンタクロースの役目は長老サンタクロースのお手伝いをすること。
公認サンタクロースはデンマーク、スウェーデン、ノルウェーを中心に、
ドイツ、スイス、オランダ、カナダ、アメリカ、イタリア、そして日本など、
世界中に約120人が活躍しています。

そんな公認サンタクロースになるためにはいくつかの条件と、
ソレをクリアした上での試験が待っています。
サンタクロース候補生は、自宅から会場までサンタクロース姿の正装で移動し、
コペンハーゲン空港に到着したら身だしなみを整え、
出身国の小旗を振りながらにこやかに降りる事を義務付けられています。

試験科目はまず体力測定。
50mを全力疾走、はしごで高さ280センチの煙突に登って中を降り、
その下の暖炉から這い出て、樅の木の下にプレゼントを置き、
暖炉の上に置かれたクッキー6枚と牛乳568mlを完食。
再び暖炉から入って煙突から出たら国旗を振り、はしごで煙突から降りたら、50m走ってゴール。
合格基準はなんと2分以内。
どんな罰ゲームか!?・・・と思うほどの棘道なのです。

b0059770_22404937.jpg

日本にいる公認サンタクロースはラテン音楽やマン盆栽でおなじみのパラダイス山元氏。
1998年に公認サンタクロースとして日本からはじめて選出されてから、
毎年夏にコペンハーゲンで行われるサンタクロース会議には無遅刻無欠席だそうですよ。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。. 。

ちなみに。
むかしよしお家にやってきていたサンタクロースは
【靴下の中に千円札を入れる】or【東宝まんが映画祭りのチケットを入れる】
【子どもの欲しがるモノは一切買わない】
・・・という持論を持っていました。
子ども的にはワリとおもしろくないプレゼント・・・(映画祭り除く)
いま思うと、ワリと英才教育を徹底しっていたような気もします。
まあ、出来上がりがコレだけどね♡。


  ○⌒\
  (二二二) ドゾー!
(⌒( ・∀・)
(  o  つ愛
(__し―J
みなさま 楽しいクリスマスを迎えられますように。

明日も早出。
5時過ぎにおうちを出るので、もしかしたら
プレゼントの配達終わりのサンタさんとすれちがうかも∩゚∀゚∩!!!

**********************************************************
[PR]
by sea-see-zoo | 2013-12-24 22:42 | よしおについて。
<< ナント!!! マメ知識 >>