<< 地球の王様 大阪たび日記 >>

ロールシャッハ

K・K・P小林賢太郎プロデュース公演。
ラーメンズの小林賢太郎がプロデュースする舞台公演で、脚本・演出を小林賢太郎自らが手がける。








b0059770_093976.jpg


小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」
大阪公演2012年11月26日(月)
サンケイホールブリーゼ F 列6番
久ヶ沢徹 竹井亮介 辻本耕志 小林賢太郎


【大砲で「壁」に穴を開けるべく、開拓団に志願して選ばれた一般人3人と、指揮官のお話。】
怒りっぽい工場経営者・他人を非難ばかりする者・気の弱い若者。
それぞれが自分にコンプレックスを抱き、自分を変えたいと思っている。

KKP作品ではコバケンが主役っぽく扱われることが多いんだけど、今回は違う感じでした。
よしおがスキな役者の久ヶ沢徹氏。いままでもKKPの作品に多数参加をしております。
やたら存在感のある雰囲気に破壊力の高いボケ。しかし「ここぞというところでいいことをいう」設定がデフォ。
そんな久ヶ沢氏演じる壷井のセリフ「イクラがキャビアになるな!鮭になれ!」
コレが今回の公演で一番よしおの心に残りました。
自分が自分であること。自分で自分を認め、成長していくこと。
とても力強い言葉だと思いました。
でぇもなあああああああ自分認めるって難しいんだよなああああああああああああ('A`)。

& コバケン、チョーカワイイ∩゚∀゚∩


**************************************************************
[PR]
by sea-see-zoo | 2012-12-02 01:02 | おでかけ
<< 地球の王様 大阪たび日記 >>