<< リアル・ヤギの歌。 おとうさまが言うの。 >>

小樽でヲタる。

最近のブログネタが【家族】と【のらぬこ】のみであることに気づき、
ちょっと危機感を感じているよしおですグッナイ(・∀・)ノシ 。
年末もますます押し迫り、仕事と忘年会に追われる毎日。
心の癒しがおとうさまおかあさまのボケと家宅侵入を繰り返すのらぬこ。
ま、そんなよしおもいいじゃない(´・ω・)´・ω・)。


ホント、最近忘年会続きです。
中学時代の同級生から始まり、お客さまの忘年会にお誘いを受けたり
昨日はカイサのねえさん方とお互い一年の労をねぎらいあってきました。









ねえさんと忘年会を繰り広げたのは北海道料理の小樽
「行ったことないお店にしてみよう」と、ねえさんが調べてきてくれたお店。
岡山の繁華街・磨屋町にある赤い看板が目に飛び込むこじんまりしたお店です。
予約ナシで行くけどダイジョブかしら・・とお店に伺ったのが19時前。
ちょうど人数分のカウンターが空いていたので迷わず鎮座。
とりあえずのウーロン茶で乾杯です。

     ∧_∧
    (´・ω・`) < 乙カレー!!
    ( つ旦O

さっそくメニューをひろげ、にぎやかに注文。
海鮮サラダ・鮭のバターソテー・珍味三種・鶏からあげ(小樽風)・つぶ貝の刺身・
クニマスを発見したさかなクンをリスペクトし、「ギョギョー!!」と言いながらギョロッケも注文。
最後の締めには海鮮ちまきをチョイス。
ねえさん曰く「ちまきって・・端午の節句に食べるようなやつ?」
( ゚Д゚)< ンナワキャナイ!!
料理の写真を撮りましたので、どうぞご覧ください。
                          ↓
b0059770_18171076.jpg
b0059770_18171060.jpg

b0059770_18171053.jpg


もうどれもおいしくておいしくて。
つぶ貝のお刺身はコリコリとした歯ごたえがたまらず、肝の酢の物ももみじおろしとの相性抜群。
鮭のバターソテーに添えられたとうもろこしと金時豆のバターソースも甘みがバターの風味とマッチんぐ。
鶏のから揚げはやわらかくて、上にかかった甘めのソース(照り焼きチック)がこれまたおいしい!!!

おあいそしてもらった22時までの3時間、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
お口モグモグしながら語り合ったのは【カイサの愚痴とのらぬこの話とボーナスの使い道(いやらしい)】。
「配達の兄さんが検品のときに【鶏小間肉】を【とりこかんにく】と読み上げた。」話は後世まで語り継がれるでしょう。

しかし、ホントにここのお店はおいしかった。
ナニ食べてもおいしかった。
帰り際、女将に「どれ食べてもおいしかったです」と言ってしまう位においしかった。
酒も呑まずに3時間。お会計一人4000円。
・・・ン?食べすぎ??
さらに小樽を出てからガストへ移動。
コーヒーゼリーとドリンクバーでマッタリしつつ、
互いの担当事業所の献立を持ち出して、あーでもないこーでもないと献立製作論議に華を咲かせました。
>結局、7時間食いっぱなしのしゃべりっぱなし。



先日、お客さま訪問したときに「一年ありがとうございました」とご挨拶させていただいたら
「次に会うのは来年ね。いいお年を。」と言われ、年の瀬を実感したよしおでございます。
ホント、今年一年も早かった。
特に12月入ってからの速さといったらハットリくん並みです。

近日、今年の反省をあPする予定。
今年も嫁に行くチャンスはなかったな・・・・・( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!!!!
[PR]
by sea-see-zoo | 2010-12-18 18:17 | ほっぺがおちる話
<< リアル・ヤギの歌。 おとうさまが言うの。 >>