<< おとうさまへ。 なんて往生際の悪い話。 >>

そのぜんざいのおいしさったら異常。

1月11日。遅ればせながら、会社の姉さんと初詣に行ってまいりました(`・ω・人・ω・`)。
向かった先は宗忠神社(別名・大元神社)。
祭日だし、正月過ぎたといってもある程度は人も多いんやろなあ・・・と覚悟を決めて行ったものの。
そんなよしおの薄っぺらい決意など簡単に北ヒマラヤの彼方に飛んでいってしまうほどの人の多さ。

えええええ!!!なんでこんなに人多いの???!!!
ヽ(゚д゚三゚д゚)ノ







b0059770_1831660.jpg

とんど焼き絶賛開催中だったから053.gif
【とんど焼き】(よしお記憶ゥィキ)
お飾りやお正月に書いた書初めを燃やす火祭り。
そのケムリをあびると風邪をひかないといい、書初めを燃やすと字が上手になるという。
また、とんど焼きで出る灰を家の庭にまくと、虫(やヘビ)が入ってこないと言う。



そかそか!今日とんど焼きだったんだ!!
だからこんなに人が多いんだ(∩゚∀゚)∩!!・・・と、思いつつ。
「せっかくだしー」と姉さんと餅焼きの行列にならんでみました+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
アレですよアレアレ。竹の先に餅を挟み、ソレをとんど焼きの火で炙っていただくのです。
b0059770_18474977.jpg

中学生くらいのお兄ちゃんたちが力強く杵でついたお餅を女の子たちが上手に丸め、
それを竹の先に挟んだものを小学校くらいの男の子から貰い、火のそばに行って炙ります。
よしおね、実はとんど焼きするの初めてだったのです ∩゚∀゚∩。
姉さんから「小学校のとき行事でやったじゃん!」と言われたのですが、いやいやよしおたちはしてませんよ・・と。
ま、コレは地域性なんでしょうが。
そんなワケで、よしおは必要以上にテンションがダダ上がりヒュー!!!
「餅が火に届かん!」「熱いよー」「もういい?もう焼けた?」と、周りの子ども以上に大はしゃぎ。←痛いとか言うな
焼いたお餅はお接待のぜんざいに入れていただきました。                           
b0059770_18312860.jpg

コレがねー。またなんとも言えずおいしい。
俗に言う「いい塩梅」ってヤツ。あまいぜんざいに絶妙な塩加減。
寒い中でいただくあたたかいぜんざい。もうそのおいしさは「んーー!!」とうなるのみ。←ボギャブラリ極貧。
゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
机の上におかれた漬け物。>甘いモノのあとにはしょっぱいモノ。←この気遣いが泣ける。

よしおがお餅もらって焼いてぜんざい食べてる間に、たくさんのお世話係りの子ども達をみました。
お餅をつく子・お餅を丸める子・お餅を配る子・ぜんざいを注ぐ子・ゴミを回収する子・洗い物をする子・・etc。
みんな、おとうさんおかあさんおじいちゃんおばあちゃん・・いろんな大人に交じって、一生懸命お手伝いをしていました。
みんな、この寒いのに偉いなあ。
このぜんざいがもっそいおいしいのは、きっとみんなの気持ちが入ってるからだろう(´∀`)・・とマジで思ったよしお。
ホントにおいしかったし、楽しかったです。ありがとうね。>子どもたち
みなさん、おつかれさまでした。>子どもたち含むご父兄の方々

・・・と。
空いてたおなかもちょっと満たされ、初めてのとんど焼きに興奮しつつ、子どもたちに感心しつつ。
コレで帰って・・・・・・・はいけない(・A・)イクナイ!!
ご本殿に上がってお祓いを受け、お札貰って絵馬を吊るし、おみくじ引いてホクホクで帰りました(・∀・)。
ちなみに・・・・・・・・

















b0059770_19165478.jpg


末吉というビミョー加減・・・・・。
唯一、29番という数字を「肉!肉!!」とよろこびましたとさ。
[PR]
by sea-see-zoo | 2010-01-13 18:40 | おでかけ
<< おとうさまへ。 なんて往生際の悪い話。 >>